茨城東海岸

ウォーキングや子供と出かけた時の 茨城県と千葉県の景色を iPadで撮影して楽しんでます。 時々、ガーデニングや家庭菜園も!

カテゴリ: 歴史とか

私の歴史認識が

ズレてる様でしたら

コメント欄にバシバシと書き込んで下さい。





第二次世界大戦前

世界の列強国は有色人種が

列強国に肩を並べることが

どうしても許せなかった。

日露戦争でロシアが有色人種に

負けた事は白人国家には驚異だったのです。

有色人種の国や地域を

占領し虐殺して来た白人にとって

有色人種が力をつける事は

決して許される事では無かった

そう、第二次世界大戦は人種差別戦争です。






アメリカが日本を

当時どう思ってたか。

「怒らせたら何をするか分からない野蛮な国」

「強い国には決して手を出さない国」

アメリカの日本に対する考え方は

この2つがありました。

そこでアメリカが取った行動は

日中戦争で多大なダメージを

日本が受ければ国力が低下するだろう

国力が低下すれば

列強国に日本が手を出す事なく

逆に日本を支配できるのは?と

アメリカは考えて蒋介石を支援して

日中戦争は続いて行く一方

アメリカ、イギリス、中国、オランダによる

ABCD包囲網で日本の経済封鎖が行われ

資源が輸入出来なくなり

日本経済が危うくなってしまった。

こうしてアメリカとイギリスは

日本が戦争へ参戦して来る様に

働きかけて行きました。

日本はどうにかアメリカと戦争しない様に

外交努力を重ねて来ましたが

上手くいかずアメリカとの開戦を決定した。

しかし、その後も

石油資源を日本に輸出してくれるなら

南方進出はしないで軍を段階的に撤収すると

和平交渉はアメリカと

続けて行ったが

イギリス、アメリカは

戦争に日本を引きずり出したいから

日本の外交努力なんて全く意味がない。

最終的にアメリカから渡された

「ハルノート」を突きつけられた事により

日本はアメリカと戦うことにを決定しました。





「ハルノート」が開戦する

直接の理由では無かったと言う

説もあります。





続きは次回。



大橋純子 「シルエット・ロマンス」




ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

夏になったら毎年

お決まりの様に戦争のドラマや

ドキュメントが放送され

とても悲惨で悲しい戦争のお話ばかりです。

しかし、何度もブログで書いてますが

いくら悲惨な話をしても

効果はなく風化していくだけだと

私は考えてしまいます。

なぜ、戦争が起きたのか?

その事は全く触れられて無いし

学校でも教えてくれないんです・・・




第二次世界大戦前に日本と中国との間に

武力衝突があり戦争状態に入り

戦争は長期化してました。

長期化する日中戦争中にヨーロッパで

第二次世界大戦が勃発

ドイツがフランスをあっさり倒してしまい

日本は当時フランス領だった

現在のベトナム、インドシナを占領しました。

占領した理由は侵略が目的では無く

中国の蒋介石にアメリカは物資を供給していて

その補給ルートが

元フランス領インドシナだったので

補給ルートを絶つために

インドシナを占領しました。






ヨーロッパでは

イギリスはドイツと戦うことになり焦った。

アメリカを仲間に加えてしまおうとしたのです。

当時のアメリカの世論は

戦争反対だったので簡単に戦争が出来ない・・・

イギリスにいい返事ができない上に

ドイツが勝ち進んだらアメリカに攻めてる来る

大きな不安があるし

不況が続いてたから戦争でアメリカ経済を

立て直したいとも思ってたんですね。








アメリカに参戦して貰いたいイギリス

戦争をしたいアメリカ。

そこで標的にされたのが日本だったんです。



有色人種の日本と中国

白人の列強国は

このまま両国が弱体化する事を

望んでいました。

両国が弱くなったら

植民地として支配しようと

白人の国は考えてたんですね。



独立を保った強大な有色人種の国

日本は世界の荒波に

引きずり出されてしまいました・・・


続きは次回。





Wink 「咲き誇れ愛しさよ」





ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

久し振りに歴史の話でもどうでしょう?

今回は歴史とは

ちょっと違うけれど歴史好きな方々には

切っても切れない内容かなと感じます。

歴史が苦手な方や興味の無い方は

今回はスルーしてね!




私たちが好きな時代って

戦国時代、幕末、第二次世界大戦・・・と

半数以上の方は戦乱の時代が好きだと思う

この時代に共通なのは武力。

皆さんは武力ってどう感じますか?

必要?不必要?

武力はあっても無くてもリスクがある物

戦争を放棄するなら武力は不必要かと言えば

そうでも無いのが現実。

武力がある国は悪だと言うと

日本の軍事力は世界でもトップグループに

入ってるけど気にした事は無い。




武力って何だろう?

必要なのだろうか?





鎌倉時代は武家政権が確立してたので

蒙古襲来(攻めて来たのは高句麗だったけれど)の

時も日本は攻められる事はなかった。

西洋が植民地支配を広げてた頃

日本は戦国時代で世界最大の軍事国家だったから

西洋から攻め込まれなくて済んだ。

幕末は強引に開国させられ

世界の荒波に日本は引きずり出されたが

軍事国家として歩み始め結果

独立国家として存続できた。






日本が独立を保ってるのも

武力があったから他国から侵略されないで

今日に至ってるとは

あんまり想像してない現実だと思うし

アメリカ合衆国の核の傘の下で

私たちは安心して生活してるのも現実。

アメリカ合衆国と決別したら

私たちは国はどう守れば良いのだろう?



武力は必要だろうか?





小泉今日子 「魔女」

小泉 今日子さんの衣装は

派手で個性的な衣装が多かったな。



ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村



ポール・ハードキャッスル 「19」

ベトナム戦争の兵士の平均年齢が19才

帰還兵が精神にダメージを受けた

心的外傷後ストレス障害(PTSD)

日常に戻っても苦しみ

社会から疎外され

自殺者も急増したそうです。

そんな過去を歌にした珍しい曲

80年代に大ヒットしました。



「19 」和訳歌詞

1965年

ベトナム戦争は単なる他国の戦争と思われていた

しかし、それは違っていた

それは多くの点で違っていた

それは戦っていた兵士に付いても同じだった

第二次世界大戦

兵士の平均年齢は26歳だった

だがベトナム戦争では"19"歳だった

サイゴンの北西25マイルで

2週間前から始まった最大の戦闘は

今日も続いている

"僕は何がどうなっているか分からなかったんだ"

19歳

ベトナム従軍兵士の兵役期間は

12ヶ月とされていたが

彼らはほぼ毎日

敵の砲火にさらされていた

サイゴンのアメリカ軍スポークスマンによると

緊張が続いている国境地帯における北ベトナム軍の

戦死者は700人を超えるということである

なお南ベトナム全土における北ベトナム軍の戦死者

総数は2,689人と報じられている

戦争のことを覚えている者ならば

その目で見たものを忘れはしないだろう

平均年齢19歳という

青春の真只中の若者を戦争は破壊してしまった

退役軍人管理局の調査によると

ベトナム帰還兵の約半数が

精神病理学社がいうところの戦争体験による

精神疾患に侵されており、

その多くが疎外感や暴力衝動、

罪悪感などを訴え

なかには自殺を図る者まで

出てきているということである

帰還後8年から10年経つというのに、

いまも80万人もの男たちが

ベトナム戦争を戦っているのである

英雄たちを喜びで迎え入れる者は一人もいなかった

19歳 サイゴン

19歳

ベトナム、サイゴン

名誉戦傷賞

"僕は何がどうなっているか分からなかったんだ"

19歳



最近、世界がきな臭い。

久し振りに

第三次世界大戦を検索すると

以前よりも多くの記事がネットに

溢れてます。

大戦争は起きるのだろうか・・・








ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

image


茨城県鹿嶋市

鎌足神社


image


藤原鎌足生誕の地

茨城県鹿嶋市は藤原鎌足の

生誕地だと言われてます。


image




中臣鎌足は死後

藤原の名前を貰い

奈良時代から平安時代中期にかけて

政治の中枢に君臨した一族です。

当時の幹部は全て藤原家だったから

もうやりたい放題。

良いことも悪いことも

沢山やってきたんだろうな。

そんな不思議な状況を正当化する為に

日本書紀と古事記で藤原家の

正当性を書き残したと言われてるので

書かれてる内容は信憑性が欠けてるとも

言われてる書物です。


藤原家が政権を握ってた

平安時代は貴族文化が花開き

優雅な文化でしたが

平安時代後期には武士が弾頭し

世の中が乱れていき

藤原家の勢力も衰えて

武家政権へと政治の中心が変わっていきました。



って藤原鎌足の様な大人物が

どこ出身なのか

ハッキリして無いのも面白いですね。




松田聖子 「sweet memories」

この頃は私もアイドルが

大好物だったな

いつからロックやテクノを

聴く様になったんだろう?

思い出してみよう。

松田聖子さんの曲は好きだったけど

友達には好きとは言えなかったのを

覚えてます。









ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

このページのトップヘ