茨城東海岸

潰瘍性大腸炎が悪化して大腸と直腸を全摘しました。 その他ADHDと下垂体腫瘍も見つかり180度生活が一変 社会復帰を目指しながら日々楽しく過ごしてます。

ミュージアム

鋼と色金-茨城の刀剣と刀装-

59E65F35-504D-4E88-8159-CE2BD0CC586A


茨城県水戸市

茨城県歴史館

鋼と色金-茨城の刀剣と刀装-


20210404_111545


20210406_203814


20210404_111529


近世以前の茨城では、

各地で刀工と金工師が鎚(つち)や鏨(たがね)をふるい、

あまたの刀剣とその外装たる

刀装・刀装具が生み出されました。

本展では、当地に産した刀剣類の優品を中心に、

郷土の刀剣文化を物語る史資料を展示いたします。

千変万化の鋼と多種多彩な色金が

織りなす美の世界をご堪能ください。

茨城県歴史館のホームページ引用


8B76F06E-7AFC-4E79-B01A-456F9F3957CF


日本刀の産地としては、

中世に著名な刀工を輩出した

大和国・山城国(奈良県と京都府)、

備前国(岡山県)、相模国(神奈川県)、

美濃国(岐阜県)が

「五箇伝(ごかでん)」として知られ、

近世以降は、江戸や大坂が有名。


353DA47C-00F2-4467-B450-83080AD69B3C


目玉は、鹿島神宮(鹿嶋市)が所蔵し、

現存する直刀としては、

日本最古最大といわれる古代刀、

国宝「直刀(ちょくとう)

黒漆平文大刀拵(くろうるしひょうもんたちこしらえ)」。

サイズは。刀身(とうしん)223.4センチ、

鞘長228.1センチ、柄長40.2センチで、

全長は約2.7メートル。


C20C4EFF-4F79-420E-BD0B-A071E84E9748


読売新聞の記事を抜粋

文化庁、宮内庁、読売新聞社による

「紡ぐプロジェクト」の文化財修理助成事業で、

鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)所蔵の

国宝「直刀ちょくとう 

黒漆平文大刀拵くろうるしひょうもんたちこしらえ」の

修理が完了し、

25日、保管先の茨城県立歴史館(水戸市)で

関係者に報告された。


「直刀 黒漆平文大刀拵」は

総長約2・7メートル。

平安時代までに作られたと推定される。

今回、刀を収める拵(鞘さやや柄つかなどの外装)の

修理が行われた。

2019年から約2年かけて、

漆工芸家で修理技術者の北村繁さん(49)が担当。


奈良国立博物館(奈良市)文化財保存修理所で、

劣化した漆塗りの亀裂を塞ぎ、

剥落はくらくを防ぐ処置などを施した。

鹿島神宮の出頭しゅっとう勝宏・権禰宜ごんねぎ(48)は

「一流の技術者に修理していただき、きれいになった。

大変ありがたい」と感謝していた。


20210406_203834


展示品の刀は全て撮影禁止だったので

雰囲気が伝わらないですが

素晴らしい刀と装飾品でした。


20210408_152523


展覧会に行くとポストカードを

ついつい購入してしまう。








ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

春の美術館

20210328_141120


茨城県笠間市

笠間日動美術館


1616905324487


桜が咲く季節

美術館散策が楽しくなりそうな

入り口の景色。


20210327_150528


特別展を行う企画展示館を三階まで上がると

庭園と常設展示があるフランス館とパレット館へ

抜ける道があり庭園の入り口にある彫刻に出会う

いつも、この彫刻が出迎えてくれる。


20210327_145142


堀 進二「中村 彝 像」

茨城県を代表する洋画家

中村 彝のブロンズ像

とても小さなブロンズ像でした。


20210327_145228


伊藤 傀 「海のエスキース」

20210327_145319


伊藤傀 「森の抗議者」

どれも比較的小さなブロンズ像

この様な彫刻が何点も展示してます。

館内の大きな彫刻は外の景色と同時に眺められる様に

配置されてるので良い感じですが

ほぼ全て撮影禁止なので

ここに来た時に景色と合わせて楽しんでます。


20210327_142836


クロード・モネ 「チャリング・クロス橋」

20210327_142817


クロード・モネ 「水びたしの草原」

常設展示室のフランス館の作品の多くは

撮影禁止ですがモネの作品は

撮影出来る作品だったのでパチリしました。


20210327_143744


アントワーヌ・プーペル 「無題」

現代アートの絵画は無題とか♯何番など

タイトルが無い作品が目立つ。

現代アートは見た人が答えを探せば良いので

答えは人の数だけだけあるから

気軽に鑑賞できる。


20210327_145625


佐竹 徳 「奥入瀬」

1616905380036


石塚 隆則 「Cala」

美術鑑賞は楽しいなと思う美術館です。








ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

日本画の現在(いま)

IMG_20210330_155744


茨城県水戸市

茨城県近代美術館

日本画の現在


IMG_20210330_155646


川﨑 麻児 「廻廊にて」

川﨑 麻児 (かわさき あさこ)

金と墨によって作られた材料、材質、素材と

抑えられた色彩の中で

不可思議で幻想的な世界を描き出している。


1982年 武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業
1986年 日展特選賞 受賞 (同88年)
1989年 文化庁芸術家在外研修員として
イタリア(フィレンツェ)に1年間派遣
1990年 再び渡伊(94年まで滞在)
1997年 第14回山種美術館賞展にて優秀賞第1席受賞
1999年 エイボン女性年度賞・芸術賞受賞
2000年 第31回日展出品作「旅の途中」文化庁買い上げ
2001年 第12回タカシマヤ美術賞受賞
2004年 第14回 MOA 美術館
岡田茂吉賞展 絵画部門優秀賞受賞


IMG_20210330_155420

川瀬 伊人 「愁思の沼」

川瀬 伊人 (かわせ よしひと)

的確な描写と幻想的な作風によって

自然の風物をモチーフい

独自の世界を表現している。


2000年東京藝術大学絵画科日本画専攻卒業
2002年同大学大学院美術研究科日本画専攻修了
2003年再興第88回院展初入選
2005年同大学大学院美術研究科後期博士過程
日本画研究領域満期修了
修了制作野村賞受賞
初個展開催
2006年赤坂日枝神社天井画制作
東京藝術大学日本画研究室勤務
2007年NHK大河ドラマ「風林火山」
日本画制作及び指導
2008年再興第93回院展奨励賞 
第14回天心記念茨城賞を受賞


IMG_20210330_155617


高島 圭史 「旅の博物館」

高島 圭史 (たかしま けいし)

女性像の連作と

身近な事象の断片を組み合わせた構成画を作成。

日本画の技法や材料についての

研究も行ってる。


2003年 東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻
(日本画)修了
2004年 有芽の会 日本更生保護協会理事長賞受賞
2006年 東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程
(日本画)修了
2008年 菅楯彦大賞展佳作賞・市民賞受賞
2010年 有芽の会 法務大臣賞受賞
院展 奨励賞受賞(同'11, '13, '14, '15年)
2011年 春の院展奨励賞受賞(同'13, '17年)
2012年 院展 日本美術院賞大観賞(同'17年)
天心記念茨城賞受賞

前田青邨顕彰・中村奨学会「第一回中村賞」受賞
2013年 日本美術院奨学金受賞
月刊誌『更生保護』表紙絵担当
(8月号~翌7月号 法務省保護局編集協力)
2014年 春の院展春季展賞受賞(同'15年)
公益財団法人富山県ひとづくり財団とやま賞受賞
『更生保護』表紙絵と新作による髙島圭史作品展
2017年 院展 招待推挙
2018年 院展 同人推挙
富山大学 教授(~2020年3月)
現 在 日本美術院 同人
東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻 准教授


IMG_20210330_155540


那波多目 功一 「アイガー北壁」

那波多目 功一 (なばため こういち)

1933年、茨城県那珂湊市(現在のひたちなか市)に生まれ。
1950年、第35回院展に高校生にして初応募、初入選。
1951年、第7回日展に「秋影」が初入選。
1983年、第68回院展において「廃園」が奨励賞受賞。
1984年、第69回院展
日本美術院賞・大観賞を受賞。

日本美術院特待となる。
1985年、春の院展、外務大臣賞・奨励賞を受賞。
1986年、第71回院展、日本美術院賞・前田青邨賞を受賞。
1990年、第75回院展、日本美術院賞・大観賞を受賞。
日本美術院同人となる。
1995年、第80回院展、文部大臣賞を受賞。
1999年、第84回院展、内閣総理大臣賞を受賞
2000年、日本芸術院賞を受賞。
日本美術院評議員となる。
2002年、日本芸術院会員となる。
2005年、茨城県から特別功績者として表彰される。
2008年、旭日中綬章受章。


4枚の作品と作家の略歴から

今の日本画を眺めるのも面白いなと感じました。


1616905387718


茨城県笠間市

笠間日動美術館


20210327_150626


美しい竹林

20210327_150618


美術館の敷地内は

美しい光景が広がっているので

散策するだけでも楽しい。


1616905391231


椿と竹

20210327_150452


良い眺めだな〜

今回の記事は水戸と笠間の

2つの美術館を紹介しました。

美術館は本当に素敵な場所だなと感じます。







ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

日本の近代美術と茨城の作家たち 冬から春へ 前期

IMG_20210214_134459


茨城県水戸市

茨城県近代美術館

日本の近代美術と茨城の作家たち

冬から春へ 前期


IMG_20210214_150557


展示会の説明文はホームページを引用してます。

茨城県は、

横山大観、下村観山、

菱田春草、木村武山ら「五浦の作家」や、

牛久沼のほとりに住み自然とともに

生きる人々や動物たちを描いた小川芋銭などの

日本画家、また、大正期に活躍した

中村彝(つね)らの洋画家など、

日本近代美術の展開において重要な役割を果たした

作家を輩出しています。


IMG_20210214_151016


現在、茨城県近 代美術館では、

このように歴史に名を刻んだ郷土作家をはじめ

国内の近現代美術を中心に所蔵しています。


IMG_20210214_151112


今回は、冬から春への季節を感じさせる作品に加え、

東日本大震災から10年を迎えるのにあわせて、

関連する作品を展示します。


IMG_20210214_151954


IMG_20210214_152052


IMG_20210214_152107


美術館に行くと必ず1つの作品だけでも

良いなと感じる芸術を探してます。


IMG_20210214_150742


今回は横須賀 幸男さんの「Beginning II」が

私の心を掴みました。

説明パネルには横須賀 幸雄さんは

変形キャンパスを多用した作品で注目を集め

近年はドリッピング(たらし込み)により

色彩の流れやにじみを生かした

抽象画を作成せいてるようです。


IMG_20210214_150820


東日本大震災の発生後、

草の生い茂る自宅裏庭の菜園にインスピレーションを得て

制作された「再生の庭」連作に続く大作であり

自身の再生、再出発の意味を込めて

「BeginningⅡ」と題されました

近年の特徴であるドリッピング技法による

鮮やかで艶めかしいといえる赤褐色と橙色が

効果を上げており、

何層にもおよぶ色彩の重なりと大きく残された

余白が画面に奥行きを与えています。

また、制作初期段階の木炭線描が、

溢れる色彩の中でアクセントになっています。


IMG_20210214_150803


私は、今回の常設展示でこの一枚を見つけた

絵画は理解すると言うより家に飾りたい

実際には買わないけれど

買っても良いかなと思う作品を

1つでも見つけると面白く感じます。

漠然的に絵を鑑賞してるだけでは

とってもつまらなく感じて来るものだなと感じます。










ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

カスケード

20210307_142008


茨城県水戸市

水戸芸術館


20210307_141715


カスケード

20210307_141737


今は排水が壊れてると思ったけど

水が出てないので物足りないが

それでも存在感は抜群です。


20210308_092319


宙吊りの巨大な石に向かって

勢いよく水の流れるカスケードは、

広場においてひときわ目を引く場所です。


20210308_092423


このカスケードは水戸という地名にちなみ、

水の要素を建築的に表現したものです。

石は笠間産稲田石で重さは約27tあり、

6本のワイヤーロープで吊られています。


20210308_092608


ローアングルからの撮影

液晶はほとんど見えて無いです。


20210308_092220


しゃがんでローアングルから撮影した写真がコレです。

20210308_092652


頭上にはタワー

水戸芸術館のシンボルとして建てられた塔は、

水戸市制100周年を記念して

地上100mの高さになっています。


20210308_092547


1辺9.6mの正三角形で構成された正四面体を

規則的に積み重ねた形態は、

チタン製の外装と作用しあい、

未来的なイメージを喚起させます。

また、その稜線をたどっていくと、

三重らせんが空に向かって上昇していくデザインは、

無限に発展する水戸を象徴しています。


20210308_092518


死角に隠れてた彼女が

歩いてる私を待ち伏せしてて激写された。


1615155471449


少し驚いた私です。

20210309_082408


スヌーピーのガチャガチャが

水戸芸術館にあって

トロンボーンを持ったのが出てきた。

可愛いな〜











ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ