茨城東海岸

潰瘍性大腸炎が悪化して大腸と直腸を全摘しました。 その後、ADHDも見つかり身体と精神の両方に 軽い障害があり以前の生活から180度生活が一変 社会復帰を目指しながら日々楽しく過ごしてます。

笠間市

茨城県陶芸美術館 新収蔵品展と収蔵品展

B2FE775A-D842-42B9-A95D-7F8FED1AA7F9


茨城県笠間市

茨城県陶芸美術館

新収蔵品展


D7DF5F6C-F11D-4051-A1C2-6E74D09A9423


多種多様な新しい作品を

新しく収蔵品として迎え入れた展覧会も

見に行って来ました。


9854086C-4852-4A17-AF09-661646145126


松本ヒデオ「囲み取って賞でるXX」

3EF29965-45CF-4798-B962-A7F7AE1E19A2


もう生活で使うと言う概念を超えた作品

この潔さが良いですね。


7F0A7B3F-579A-4F8E-BC87-79DC7312CC52


陶芸で表現できる事に挑戦してるのだろう。

E1F157C3-6193-4934-ABC3-53768314C3D7


河野 甲「風を読む」

普通に使える陶器が多い中で

今回はあえて利用できない作品を撮影して来ました。

これも陶器で出来てるとは面白いです。


6126D336-2510-4A28-A3D7-DC00D6BE2B9C


ここからは普通の収蔵品展です。

茨城県陶芸美術館も

収蔵品は多くの作品は写真撮影できるので

写真をどう撮るかと何かと面白い美術館。

この野外の作品も違和感があって面白いです。


C6C442E8-3865-4169-A8A7-9B7B8606A6DA


陶芸の美術館には見えないのが良い。

3334573E-1FBA-42E4-A815-627CD7BFED73


美術館の建物もモダンな建築物です。

98A15735-39AE-4B1A-B880-34C0DC86B470


「ふわふわ5!」

がある空間に板谷波山の生家もあるので

古い物、現代アート、モダン建築と

視界に入って来るのが何度見ても面白い。


76E3BC06-1066-4EBF-8EAB-66AB19CC5F51


板谷波山の作品とは思えない

あまり見かけない作風の花瓶。


400AB922-069D-4DF6-9847-E3E7CA4DB301


繊細な技術と根気のいる作業が求められる

燿彩鉢

美しい、このお皿に料理が並べられたのを

想像するだけでゾクゾクする。


9A555015-9E60-4F0E-8D9D-C393D9B67E72


ミエール・ガレ





今回は全体的に個性の強い作品を

選んで写真に収めて来ました。

普通の陶器が圧倒的に多いので

じっくりと見ていたくなる陶器の美術館。

益子焼と共同で世界遺産認定を目指していた笠間焼きが

この度、日本遺産に認定されました。

以下、下野新聞から抜粋

「文化庁は19日、
地域の有形・無形文化財を観光振興や地域活性化に
つなげる本年度の「日本遺産」に
22都道府県の21件を新たに認定した。
栃木県からは益子町が茨城県笠間市と共同申請した
「かさましこ ~兄弟産地が紡ぐ“焼き物語”~」
が選ばれた。

日本の焼き物の中でも益子焼と笠間焼は歴史が非常に浅く

芸術品と言うより一般に使用する為の

陶器を多く作ってたので

認定されるとは思ってなかったです。

笠間焼きも30年前から比べると

かなり作風が変わったので

私が初めて見た笠間焼と今の笠間焼は

別物と言っても良いほどデザインが大きく違います。

この変化をオシャレで洗練されてると感じるか

昔の素朴な方が良かったと感じるかは

ハッキリ分かれると思うが今の笠間焼は

個人的には好きです。





FCC4271D-374C-4A3B-AE45-929BDBF561C5


茨城県陶芸美術館の外観

一昔前の学校の校舎の様な印象だけどどこか違う

モダンで陶芸には無縁に感じる


866B9B35-2804-4430-A749-EA3D5C0933F2


筑波山がよく見える立地

周囲もよく観察すればとても素敵ですが

もう若く無いので動けないのが残念。


589043C7-6BAC-4951-BA01-6E9632DDD75C


休憩しながらです。

B08CC75F-B4E1-499B-83FA-2BCB3CD9B914


BA1F72DB-755C-47EE-A13B-AECCB8530442


すずちゃんは元気いっぱい

ずっと遊んでる

他の子供達はお父さんが一緒になって遊んでるけど

私は見てるだけ

「見てて見てて」という

すずちゃんの声に反応するだけです。


4508E430-1F41-48FC-B59F-2D240D819C6C


それでも「パパ大好き」と言われると

嬉しいものですね。


A85BC46C-AAA3-4757-B54E-EE078417D9BF


そうして、私はまた撮影の続きです。










ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

笠間日動美術館 パレット館

79128289-A2B9-4BD2-AA37-FB85AC90D07E


茨城県笠間市

笠間日動美術館

パレット館


9FECF1A2-4E59-47E7-8AF1-E88D4E916EE8


笠間日動美術館には企画展示室、フランス館

彫刻の森に加え国内では非常に珍しい

画家が愛用したパレットを収集したパレット館がある。


18C434DC-CB31-4620-AC31-15F8D735FA98


パレット館の脇の小さな池を中心にした

日本庭園が心和む景色。


8377506C-7198-4AE7-9CB2-24833938D9C1


笠間日動美術館のドアノブは全て女性の体を

モチーフにしたデザインになってると

せいママに教えて貰った。

「気が付かなかった。」と私が言うと

せいママが「全部のドアノブが女性のヌードだよ

さっきから女性の体を触りながら移動してるの

きっと気が付いて無いだろうなと思ってた。」と

笑いながら教えてくれた。

そう、笠間日動美術館には三つの建物があり

建物が3棟あるけれど

その建物すべての入り口は

官能的なフォルムをした重厚で重い扉に

せいママは最初から気が付いてたが

私が気が付いて無いようだったので教えて貰った。

「さっきから女性の体を触りまくってる感覚が

無かったって面白い。」といつもの様にからかわれる私

いつも、私よりも観察力のあるせいママです。


D0883121-152F-4E5E-95BD-A572FE5A2D1E


画家のパレットが並ぶ空間

一体何枚あるのだろう?

3棟ある展示室の最後に入ったパレット館

せいママは食い入る様に1枚1枚の

パレットに向き合ってたのが私には印象的だった。


96F366C4-E616-4F31-A3C9-5EA157A16D25


入ったすぐ脇にはシュールレアリズムの巨匠

ダリのパレットがある。


8E61D70B-C793-49AF-B52F-AB9CAC87D100


ダリの上には20世紀最大の画家

キュビズムを全世界に広めた

ピカソのパレットがある

この二人の巨匠のパレットだけでも価値があるが

私が驚いた最大のパレット作品が

二人のパレットの隣にあった。


15192B16-ECA0-4646-88A5-824583074DED


12803919-3EE8-444D-86EB-0BDD50F912AA


ピカソがゲルニカを描いた時には付き合ってた

ドラと別れた後に結婚した画女子大学生のジローの

パレットが展示していた。

ピカソは生涯で7人の女性と結婚や愛人生活を送った

ジローは6番目に恋に落ちた女性で

2番目妻だったが最初の妻オルガとは

正式には離婚して無かったので

二重結婚の形での夫婦生活が始まった。

ピカソ63歳、ジロー21歳

2人の子供もジローとの間にもうけたが

ピカソが70歳の時に人生で初めて失恋を経験させた

唯一の女性がジローです。

2人の子供を連れて出て行ったのだ!

ピカソはジローにフラれるまで人の心の痛みを

感じる事が無かったが初めて人間ピカソになったのが

ジローに捨てられてからだった。

世界の名画ゲルニカは有名ですが

ピカソはそのゲルニカを書き上げた時でさえ

人の痛みや苦悩は実際には

全く理解して無かったのです。


B7ACD52C-C342-460F-88DC-08945AAF1417


1FECF454-0A62-4A8C-AF60-4C2A59EDF0E6


せいママが引き込まれそうな

パレットだとずっと眺めていた。


D7ABB3B5-CE24-4F6F-B04A-98FF05528D93


B1187923-F4C7-4CB4-9F42-98BF6A37DC29


私が慣れ親しんだパレットは

こんなプラスチックのパレットだったな。


57707E74-0869-47B6-AE25-41D4D702F440


FA2FB2C7-E354-447A-B510-E9088E374B19


パレットに絵が描かれてるが画家本人が描いてると思う

画家の名前を見てパレットに描かれてる絵を見たら

その画家の独特なタッチで描かれた絵が描かれてる。


3A374736-AC7C-4935-946B-2DF0897F14FD


帰宅してから、もっとパレット画を見てみたいと思った

次に行く機会があったら膨大な数のパレット一枚づつ

じっくりと向き合ってみたいと感じた。

せいママがアートを見つめてた姿

こんなに絵画に興味があるとは

今まで知らなかった。

私はせいママは芸術が苦手だと思ってた

確かに芸術に対する知識は全く無いが

嫌いでは無い様子と観察力を持ってたのを

私は横目で見ながら

せいママを感じながら

2人で一緒に作品を見て歩いた

「またここに来たい。」と

せいママが言った

「紅葉の時がいいなぁ」と

笠間日動美術館をデートの場所に選んで良かった

とても気に入ってくれたデートを

昨日は私は楽しめ

そして50歳の誕生日でもあった。









ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

愛宕山

AFF240F0-3338-4474-B571-DC3819931AFC


茨城県笠間市

愛宕山


C7DBEFC3-473D-4298-9C6A-C2F305E0C393


小さな山ですが道路はカーブが続いてる。

67015BCE-24AB-424C-8F86-8C8068576478


愛宕山の桜は少し早かったのか

咲いてるけれどボリュームが足りなかった。


AB1F22F8-6EE1-45D2-9B65-0C9EB9D0B629


今頃は満開の桜で愛宕山全体が

桜色に染まってるだろうな。


C1AE6108-A2D9-4CD9-BEAD-3D9C8B9D77B7


愛宕山頂上

D2379244-12D1-4FFB-81B1-49AF149412B6


愛宕山には天狗伝説があったそうです。

天狗もここから眺める関東平野を

いつも見てたのかな〜


8DAB78D4-E805-4589-A4DC-982D36B27426


愛宕神社に歩いても行けるけれど

道のりが険しそうだったので車で移動しました。

関東平野が広がってるけれど

霞がかかってハッキリ見えないな・・・


4E9051CF-77B3-47F3-AD6C-17CC43A3EA9D


展望台から愛宕神社へ入って振り返ると

良い雰囲気が出てました。


D5411FCE-9858-4713-AED6-30B28FC9B07C


帰りに1枚目の写真を撮った

二の鳥居があった小さなパーキングで見かけた

スノーフレークにもう一度会いに立ち寄った。

先週の金曜日に茨城県内の桜を見に出かけたのですが

とても調子が悪く辛い一日になりましたが

この翌日から嘘のように

急速に体調が良くなって来たのです。

理由は分からないんです

何故だか急に回復して来てるのです

今朝もお腹は非常に良い状態です。










ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

板谷波山の作品は美しいな

7FB19711-E23A-4964-B4D4-3BF37DFF83E3


茨城県笠間市

茨城県陶芸美術館


DE159B8A-2B5F-46A7-ACA0-DEEE605E4167


茨城県筑西市出身

明治から昭和にかけて活動した陶芸家


76425500-5A06-4ED0-90BB-2341AB8ACE79


板谷波山は陶芸家としては

初めて文化勲章受章を受章し

現代陶芸の先駆者として日本の陶芸会を

引っ張って来た人物。


F7C5B17D-A704-4D84-A9D0-E5C2B6221C6E


お金が無かった板谷波山が

自分でレンガを加工して作った窯。


A801C71F-CFB5-4B4A-A5AC-A082366A4348


板谷波山の作品

C135B6CA-7F2A-4212-B103-0E9D244BC63C


滑らかなラインに色合い

好きだなこのシンプルなのに

飽きない奥深さ

ゴテゴテしてない美の曲線

いつまでも眺めていたいのが

板谷波山の作品です。













ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

茨城県陶芸美術館

A8763F20-B4F3-446E-856B-1DE11DC9B8BA


茨城県笠間市

茨城県陶芸美術館


19D35892-7B97-4160-9D24-78326A3DED8E


陶芸とは関連性が無いような

モダンな建物。

こちらは美術館の裏口にあたる場所です。


12469228-AEC7-4448-BE3C-7538D8A38AB3


デザインされた建築物は大好きです。

6D8A4B4B-3596-48E3-BD44-9786CAF8C6D4


ユニークな庭

A34F6978-99A7-443A-BA72-9AA960ABDB4B


過去の工芸品を展示してるのに

相反する空間を有するセンスが私個人好きです。


D9F90762-9E45-4EB4-8364-963147D1675F


常設展示

明治以降、近代までの常設展

数点は写真撮影OKでした。


38AEE3BD-A338-4D73-BAEC-062E6C42DBC7


最初に出迎えてくれたのが

初代 宮川香山の素晴らしい陶芸作品。

高浮彫と言われる技法ですが

どうやって作ったらこんな陶器が出来るんだろう?

ため息が出るほど素晴らしい技法だなぁ。

板谷波山、松井康成の作品を中心に

明治大正の作品、現代アート的な作品から

現代のモダンな陶芸品まで素晴らしかったです。

ちょっと私には理解不能だったのは

茶道に使用するだろう茶碗は

かなりフォルムが崩れていて

一見、子供が作ったのかな?と感じてしまう。

名品なのでしょうが私にはまだ理解できなかったな。











ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ