昨日で障害者施設の内勤が終わった。

施設長と少し話す機会がありました

施設長がまだ施設長になる前に

私は喧嘩をした事があった。

それは、まだ施設に入って半年ほどした頃でした

言い争いになり

私は「仕事をしないで帰る」と言って抵抗したな。

その後も、くすぶった日が続き

他の支援員さん達に支えて貰って何とか踏ん張った時期があった。

確執が生まれた、その支援員さんが

1年前に施設長に昇進して

それに反対した障害者の人たちの多くは

施設を去って行ったので

その時に私だけが確執があった訳では無く

みんな過去に争いがあった事を知った。

施設長になった支援員さんは

私の目には優しくなったと感じていたが

それでも、相変わらず怖い存在だった。

私の仕事は施設長との関わりが薄い部署だったので

平穏な日々を過ごしていましたが

施設長と喧嘩になったという

障害者の利用者の声は頻繁に耳にしてました。

そんな鬼の施設長と昨日は話をしていて

ふと顔を見ると涙が溢れそうになっている施設長が

私の目の前にいた。

鬼の様な施設長が泣いてるとは私も驚きました。

「障害者が一般就労するのは厳しい

その厳しい就活を乗り越えて一般就労した事は嬉しい。」と

施設長と握手を交わした。

施設長の手は柔くて小さくて暖かかった。

普通の女性の手だった。

厳しくしているのは

障害者が社会に出るために敢えて鬼になっているのかもな

施設長の性格なのかも知れないけれど

障害者の利用者は甘やかしたら手に負えなくなる。

私の彼女も1年弱、障害者施設の支援員をしていたけど

障害者に甘い施設だったので

障害者はやりたい放題で収集がつかない

ダメ人間製造施設だったと

彼女が勤めていた施設の評判の悪さは

障害者の中でも有名だった。

毎日毎日、障害者の利用者に振り回されて

私の彼女は悩んでいたな。

その事を施設長に言うと

「障害者と向き合うのは難しい

そんな仕事を私たちは続けてるの。」と言われて

体を壊さずにと言って

更に施設長は泣いていた。

「髪を染めに行くからね。」と

何度も何度も言っていたのが印象的だった。









ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村