B0C1CD61-A53E-4985-8130-BA9BFCE1C489


茨城県土浦市

沢辺郵便局 風景印

小野小町がデザインされてました。




郵便局の近くに小野小町の里があり

市内に小野小町の墓もあったりですが

小野小町は全てがミステリアスな歌人で

お墓も全国に存在してます。

その為に今回は

「小野小町の墓はなぜ全国にあるのか?」と検索しました。

その結果、以下の記事が個人的にピンと来ました。







謎多き小野小町のお墓の場所はどこなのか?


生まれた年も場所も、

晩年を過ごした場所や亡くなった年も不明という小野小町。

系譜を辿ると、お祖父さんが小野篁で、

お父さんはその息子の小野良真ではないかとされていますが、

それ自体も本当なのか解明されていないのだそうです。


そんな謎多き小野小町ですが、

お墓があった場所も正確には分かっていません。

一応、お父さんの小野良真が

出羽国(今の秋田県)で役人をしていた事から、

小町も秋田県で生まれたという説はあります。

秋田県と言えば「あきたこまち」というお米が有名ですが、

その名前の由来はもちろん、小野小町その人です。

小野小町の最後ですが、故郷に帰る途中、

宮城県の大崎市で亡くなったと言われています。


この地に小野小町のお墓は残されているのですが、

他にも小野小町のものとされるお墓は

なぜか日本全国に残されています。

それこそ東北の宮城、福島から始まり、

栃木、茨城などの関東地方。


中部の愛知や近畿の京都、和歌山、滋賀。

鳥取、岡山や山口などの中部地方まで、

挙げたらキリがありません。

ただ、小野小町の生きた当時は、

まだ風葬も当たり前にあった時代でもあるので、

お墓自体ないのでは、という説もあるようです。





歴史はロマンで一杯ですね〜








ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村