028013FF-C317-4073-8C4A-E4D9AEEA0DA7


神奈川県横浜市

みなとみらい線

新高島駅


533C3CE0-EAE9-4CB3-9073-6EEF484B8454


地下鉄のみなとみらい線

地上に出ると夜景が見えた。


8BBA827F-7884-4857-9801-1A914E42D183


富士ゼロックスビル

都会ってやっぱり良いね〜


1044E0DC-0D9B-4B3B-9989-9C723B8FA294


素晴らしいタワーマンション

一生住む事も遊びに行く事も無いけど

眺めてるだけで十分


7CDD513F-440B-4DE2-8C6F-509A5E30CC1F


アンパンマンミュージアム前で

記念撮影


B3360621-C583-4888-8941-57655878FF32


建築中だったと思う日産のロゴが入った建築物

完成したら何ができるのだろう?


7C02C5D8-D33E-4E5B-BB85-21F59072200B


とちのき通り

492D1320-8E11-4739-B645-371F5A4A8767


タワーマンションが凄いね〜

茨城県じゃこんな景色は見られないな。


5C7A3F61-E484-43CC-96FF-066B1A8001E5


せいママが「タワーマンションは部屋の中がよく見えるね

高いお金を出して部屋が丸見えはちょっと嫌だな。」

と言ってたな・・・

高層ビルのマンションだから気にしないんだろうな。


7C09D799-0FCA-4247-A1F8-0E20FD890B15


9E2DE1C3-1FAC-4F01-9224-633925265C2D


NISSANのマークが入った白い平べったい

この建物は何だろう?


66A54CB4-885D-4971-B629-B042D2D138FB


煌びやかすぎてランドマークタワーが写真では

よくわからないな・・・


7D1CFF4D-51A6-4719-AC82-110033CBA2C3


神奈川県横浜市

この日宿泊したホテルからの

みなとみらいの夜景


700C183C-E0A6-43A6-A130-1E86965782AB


ホテルから見えた夜景

とても美しかったなぁ。

横浜は良いね〜


B63CCDD0-65F2-468C-9017-7F91214C0C04


いつまで見ても見飽きない光景

また横浜に泊まってみたいな〜


760A5464-4BE1-4F18-99BA-40295776AFD1


すずちゃんバスルームに入ってご機嫌

1E8F52D8-DFCA-412A-B811-12DD94379032


ベッドに横になってご機嫌

もうわかる歳なんだね。

すずちゃんが一番喜んでました。


92CAB71F-CB48-4C40-A8C3-19F60C157B01


バイトしてしてるせい君が

予約してくれたホテルに到着

夜に着いたのでよく見えなかったので

チェックアウトした時に写真に収めたんだ。

せい君からのプレゼントは楽しかったです。

田舎者なのでこれだけでも

観光気分になれるので今回は本当に

観光地には行かなかったんです。







私が働いてる職場は常に音楽が流れている

美容師時代もそうだったが

普通に音楽が流れてるのであまり気にはして無いが

よく流れてくる曲は耳に残る。

先日アップした

あいのうたでも紹介した

YOASOBIの「夜を駆ける」という曲が

半年前に発売された曲ですが

今でも人気がある曲でワイドショーでも

時々紹介されてるので更に有名になった曲

この曲はほぼ毎日かかってるので耳に残るし

ストーリー性があるので普通の曲とは趣が違う。

以下、歌詞はネットから借りて来ました。




YOASOBI「夜に駆ける」

沈むように溶けてゆくように
二人だけの空が広がる夜に

「さよなら」だけだった
その一言で全てが分かった
日が沈み出した空と君の姿
フェンス越しに重なっていた

初めて会った日から
僕の心の全てを奪った
どこか儚い空気を纏う君は
寂しい目をしてたんだ

いつだってチックタックと
鳴る世界で何度だってさ
触れる心無い言葉うるさい声に
涙が零れそうでも
ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる

騒がしい日々に笑えない君に
思い付く限り眩しい明日を
明けない夜に落ちてゆく前に
僕の手を掴んでほら
忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も
抱きしめた温もりで溶かすから
怖くないよいつか日が昇るまで
二人でいよう

君にしか見えない
何かを見つめる君が嫌いだ
見惚れているかのような恋するような
そんな顔が嫌いだ

信じていたいけど信じれないこと
そんなのどうしたってきっと
これからだっていくつもあって
そのたんび怒って泣いていくの
それでもきっといつかはきっと僕らはきっと
分かり合えるさ信じてるよ

もう嫌だって疲れたんだって
がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君
もう嫌だって疲れたよなんて
本当は僕も言いたいんだ

ほらまたチックタックと
鳴る世界で何度だってさ
君の為に用意した言葉どれも届かない
「終わりにしたい」だなんてさ
釣られて言葉にした時
君は初めて笑った

騒がしい日々に笑えなくなっていた
僕の目に映る君は綺麗だ
明けない夜に溢れた涙も
君の笑顔に溶けていく

変わらない日々に泣いていた僕を
君は優しく終わりへと誘う
沈むように溶けてゆくように
染み付いた霧が晴れる
忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に
差し伸べてくれた君の手を取る
涼しい風が空を泳ぐように今吹き抜けていく
繋いだ手を離さないでよ
二人今、夜に駆け出していく

この内容は愛なのだろうか?

知り合った男女の心が共感したのか?

それとも男性は無理をして生きてたのだろうか?

男性の優しさなのか?

歌詞に登場する女性は一貫して

死を望んでいて筋が最初から最後まで通ってるが

男性の気持ちは揺れ動いてる詩。

この歌詞だけで映画が作れそうなほど

奥が深い詩の世界。

半年も前に発売された曲が未だに支持されてるには

必ず意味があるのだろう。












ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村