今日から基本的には在宅勤務になりました。

月に数回は出勤するけれど

新型コロナウイルス対策で

日本政府が新型コロナウイルスの

終息を宣言するまで続くので

期限は今の所は無期限在宅勤務です。











先週の金曜日からお腹の調子が悪くなり

やっと治ったと思ったけれど

仕事に行くと、また、お腹の調子が悪くなって来たので

在宅勤務は実際嬉しいです。

横浜市民病院から地元の小山記念病院へ

転院手続きが始まったので

私の資料が移動すれば診察もしてくれるので

最近になって急に悪くなって来た

下痢と腹痛の原因をよく調べて貰いたいです。

潰瘍性大腸炎からたった数年で

癌化した国内でも少ない事例の症状

横浜市民病院は潰瘍性大腸炎とクローン病では

東日本で一番有名な病院

そこで

「常識的に考えておかしいとしか言えない

どう手術していいのか分からない特殊な事例。」

初回の診察でそうハッキリと言われたのを

今でも覚えてます。

「普通に下痢が止まらなくて腹痛がする。」と

地元の病院へ行っても

詳しい内容をザックリ伝えると

手術も特殊だし手術を行った時の症状も

国内でも前例がほとんど無い非常に珍しい癌だったので

地元の病院はどこも診てくれないか

診ても分からないと言われることしか無かったので

私の過去からのデータがあって

対応できる機材や医師がいる病院でなければ

私の今の手術の後遺症には対応ができない。

昨年勤めてた地元の病院

小山記念病院には筑波大学病院から消化器科の

有名な教授が週に数回来てくれてるので

その先生に今度はお願いする事にしてます。

消化器科とは別に発達障害もあり

2つの病気の薬を服用してるので

複雑だと思いますが

調子が悪い原因が分かれば対処法も見つかるので

少しでも早く転院して診察と検査が出来ると良いな。

今度の日曜日は心療内科の受診日

ADHD と診断されて半年が経つので

障害者手帳の申請が出来るので

診断書を書いてもらおうと思ってます。

その書類がどこに片付けたのか

忘れてしまった・・・

歳をとると何でも忘れちゃうから嫌だね。

1日でも早く病気が緩和して

いつまでも続くこの症状が治って行くと嬉しく

急に今のような症状が出た時でも対応してくれる

病院が近くにあると気持ち的にも楽です。

明日から在宅勤務を頑張ります!



B0AB5C44-90B3-4EB3-B61B-1FC230449809


建築中の新しい横浜市民病院の新庁舎

ここに通う事が出来るのかなぁと

いつも眺めていたけれど

叶わぬ夢に終わってしまったな。

残念ですが

この状況では仕方が無かったな。

まさか、こんな形で横浜市民病院と

お別れすることになるとは想像もしてなかった。

新型コロナウイルスは必ず終息する

その時には、又、横浜散策を続行して行きたい

プライベートで新庁舎を訪れてみようと思う。










ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村