6B827FE4-698B-4146-AFD3-B4032F20C813


茨城県鹿嶋市

鹿嶋灯台


55DBF075-CFFF-4908-9B7C-20CBAB7A37B9


海側からや、カシマスタジアム周辺から

見えるけれど

普段の生活ではほぼ見えない灯台

全く観光地化もされてなくて

普通の住宅地に建つ珍しい立地条件の灯台。


C819021B-19C3-456A-8B94-C9EECE186490


灯台の工事現場

CD517AF7-8AE0-487B-A334-05342A4CFDD4


灯台を包んでる光景はレア

地元で見れてワクワクした。


E2554652-8AF7-4035-87FF-A8B8358B66E4


何故なら私が現代アートの世界に入るきっかけになった

作家の1人が何でも包んでしまう

現代アートを行ってたクリストと言う芸術家。


7320A508-FD8A-491A-A7D7-89F90E41497C


茨城県人の方だと

この作品を見たらピンと来るだろう。

この展示を行った芸術家がクリストです。

彼は何でも包む芸術家だったので

この傘のアートが彼の企画だとは

その当時は知りませんでした。

名前を見て似てる人だけど作風が全く違うなと

感じてたけれど新たな作品だった様でした。

何でも包んでしまうアートを行なってたので

私は現代アートって意味は分からないけれど

今までの芸術と全く違うなと感じました。


AF042BB6-AE3D-488C-A501-3C0BBF9693A7


島を包んでしまう。

91D80461-3835-4A21-95AC-42C672EC9258


B35DEE6B-E681-48AB-AE98-D80A165B608D


DE65C46D-F1D4-4748-B55A-DCA742845E55


もう何でも包むので

私は工事現場を見るのが好きな時期があった。









1989年ごろ

仕事が美容室だったので

雑誌がたくさんあったので読み漁った。

内容は何でもいい

漫画から週刊誌、婦人雑誌まで読み

ページ数まで読んでたので

お客様からあの記事が載ってる女性週刊誌と言われても

プラダの新作が紹介されてるファッション誌と

言われてもすぐに多くの雑誌の中から

その本を探し出してお客様に渡してたので

自分でも楽しかったです。

その時にある月刊誌に出会った!

家庭画報との出会いが私の人生を変えた。

本物しか記載されてない雑誌

高級な食器やインテリアに調度品

紹介される店やブランドは全て次元が違ってた。

絵画や彫刻、服飾や庭園と

今まで興味が無かった世界に

私はのめり込んで行った。

そして美の基本が身について来たら

実際にデパートや地方のガラス工場や

高級なセレクトショップに行き

買うことは出来ないけれど本物を見て回った。

私にとって新たな観光の一つのジャンルが生まれ

美術館や博物館に足を運ぶ様にもなった。

そこで見た事がない

現代アートと言うジャンルに私はハマった。

電飾アート展では球体の中に文字が浮き上がる最新の技術

作品名は「暴行殺人」

女性が男性にレイプされて殺されるシーンを

生々しく実況する気持ち悪く

その壮絶な現場が眼に浮かぶほどのリアルな文章力

電飾システムが最新の展示なのに内容が凄い。

今ではこの当時に見た電飾は普通に街中で見かける

あの美術展の世界が現在のネオンや

電飾看板の基礎になってる。

もう一つは病気の「てんかん」

その治療に用いる用具やてんかんの治療風景の写真

てんかん発作の映像。

美術館で行われたこの類の展示会

これが芸術なんだと強い衝撃を私は受けた

家庭画報で紹介されてる優美で豪華な世界とはまるで

反対のアブノーマルな世界観

その頃から絵画もシュールレアリズムや

キュビズムに興味が出た。

正統派の美

アブノーマルな美

その両方を私は美しいと感じるようになり

仕事にも趣味にも活かされた。

倖田來未や安室奈美恵が人気が出た頃から

ヘアスタイルは多種多様な世界に入った

お客様が持ってくる雑誌や写真は

見た瞬間にこれはどうなってるんだ?

この大胆なカールはパーマなのかセットなのか?

このメッシュはどうやって施術したら

見たこともないラインが出てくるのか?

普通じゃない髪型に挑戦するのは全く違和感が無かった

私にとっては現代アート

他のスタッフが無理と言うお客様が

私の所に流れて来る。

私は何が何だか分からないヘアスタイルを見たら

嬉しくなってしまうし次には指名してくれるので

指名客が一気に増えたのは

倖田來未の様なギャル達のお陰です。

でも私の基本は家庭画報なので

普通のお客様の要望も凄いわかるので

年配のお客様からの指名も多かった。

今の私の趣味の大元は

20代の若い時期に作り上げられたので

マニアックな世界が大好きだけど

正統派のファッションも芸術や寺院も好き

私は何を見ても楽しさを探そうとする

それが身に付いた事は嬉しいけれど

周囲からは変わってると言われるので

私と観光を共にする人はほぼいない

私は集団行動では付いていくタイプ

自分の好きな場所は誰も好きじゃない事を知ってる

灯台の工事現場

これを見に行って喜ぶ人は数少ないだろう。










私の現代アート好きの基本が家庭画報にあったと

知ったみなさんはきっと驚くだろうな〜

そこから灯台の工事現場に繋がってしまったんです。










ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村