AB4A6642-7404-4250-B728-066192034911


生きてるとどうしても

ネガティブな気持ちになってしまう。

そう・・・勝手にネガティブになってる

自分はそうじゃ無いと思ってても

気が付いたらネガティブになる

私は今はポジティブな気持ちになってるけれど

いつのまにかネガティブになるかも

何かストレスを感じた時

きっとネガティブのスイッチが入ると思う。

ネガティブになってると感じたら

ポジティブな気持ちになる音楽を聴いてる。

アゲアゲな曲は嘘くさくて嫌だから

地味な曲で気分を高めてる。

今は病気になって良かったと思ってる!

ポジティブって良いかもって思う。





今回も時間がある方は

読んでみてください。


3411062A-D7F8-49AD-B7F2-FC0BB62E2D9F


およげ!たいやきくん

歌 子門真人




まいにち まいにち
ぼくらは てっぱんのうえで
やかれて いやになっちゃうよ
あるあさ ぼくは みせのおじさんと
けんかして うみに にげこんだのさ

はじめて およいだ うみのそこ
とっても きもちが いいもんだ
おなかの アンコが おもいけど
うみは ひろいぜ こころがはずむ
ももいろサンゴが てをふって
ぼくの およぎを ながめていたよ

まいにち まいにち たのしいことばかり
なんぱせんが ぼくの すみかさ
ときどき サメに いじめられるけど
そんなときゃ そうさ にげるのさ

いちにち およげば ハラペコさ
めだまも クルクル まわっちゃう
たまには エビでも くわなけりゃ
しおみず ばかりじゃ ふやけてしまう
いわばの かげから くいつけば
それは ちいさな つりばりだった

どんなに どんなに もがいても
ハリが のどから とれないよ
はまべで みしらぬ おじさんが
ぼくを つりあげ びっくりしてた

やっぱり ぼくは タイヤキさ
すこし こげある タイヤキさ
おじさん つばを のみこんで
ぼくを うまそうに たべたのさ


EA462824-1461-4636-80CB-8E44FF4172AF


光と闇

歌 さユり




分かり合いたいと思ってた
光が届くことはなかった
太陽が消えた空の黒さも低さも
分かち合いたいと思っていた
泣き声が届くことはなかった
太陽が冷やす夜の寒さも苦さも
そこからは見えていない
世界は変わっていくけれど
君と僕はかわらないよなんて
甘い言葉言えたのはどうしてだろうか
世界は変わっていくけれど
君と僕は変わらないよなんて
甘い言葉突き刺した
光は残酷だ

僕はさそんな単純に生きれる人間じゃないの
それでも生きていかなくちゃなんて
幸せな君が言う無責任な言葉
飲み込めずに隠して笑う僕の悲しみに
君は永遠に気づかない
世界は変わってくけれど
君と僕はかわらないよなんて
甘い言葉言えたのは君が強いから
分かり合いたいとおもってた
光が届くことはなかった
太陽が怖い僕の弱さも醜さも
そこからは見えてない
世界が光に満ちれば
きっと僕は消えてしまうなんて
知らない君は闇よりも残酷だ
世界は変わっていくけれど
君と僕はかわらないよなんて
甘い言葉突き刺した
光は残酷だ


1AA19CAE-B70F-4AF2-9748-DAC19A56A4C0


progress

歌 スガシカオ




ぼくらは位置について
横一列でスタートをきった
つまずいている あいつのことを見て
本当はシメシメと思っていた
誰かを許せたり 大切な人を守れたり
いまだ何一つ サマになっていやしない
相変わらず あの日のダメな ぼく
ずっと探していた
理想の自分って
もうちょっとカッコよかったけれど
ぼくが歩いてきた 日々と道のりを
ほんとは "ジブン"っていうらしい
世界中にあふれているため息と
君とぼくの甘酸っぱい挫折に捧ぐ…
"あと一歩だけ、前に 進もう"

空にはいつでも
まるでぼくらの希望のように
こぼれそうなくらい 星が輝いて
届かないその手を伸ばしたんだ
ガラスケースの中
飾られた悲しみを見て
かわいそうに…なんてつぶやいてる
こんな自分
ケリたくなるくらい キライ!
ねぇ ぼくらがユメ見たのって
誰かと同じ色の未来じゃない
誰も知らない世界へ
向かっていく勇気を
"ミライ"っていうらしい
世界中にあふれているため息と
君とぼくの甘酸っぱい挫折に捧ぐ…
"あと一歩だけ、前に 進もう"

ずっと探していた
理想の自分って
もうちょっとカッコよかったけれど
ぼくが歩いてきた 日々と道のりを
ほんとは"ジブン"っていうらしい
ねぇ ぼくらがユメ見たのって
誰かと同じ色の未来じゃない
誰も知らない世界へ
向かっていく勇気を
"ミライ"っていうらしい
世界中にあふれているため息と
君とぼくの甘酸っぱい挫折に捧ぐ…
"あと一歩だけ、前に 進もう"


A7EFB9B7-7842-45A1-9959-895F52E3F1A0


人生の扉

歌 竹内まりや




春がまた来るたび ひとつ年を重ね
目に映る景色も 少しずつ変わるよ
陽気にはしゃいでた 幼い日は遠く
気がつけば五十路を 越えた私がいる
信じられない速さで 時は過ぎ去ると知ってしまったら
どんな小さなことも 覚えていたいと心が言ったよ

I say it's fun to be 20
You say it's great to be 30
And they say it's lovely to be 40
But I feel it's nice to be 50
(人生って20歳では面白く、
30歳では素晴らしく、40歳では愛おしく思える…
でもそうね、50歳になるのもまたイイ感じよ)

満開の桜や 色づく山の紅葉を
この先いったい何度 見ることになるだろう
ひとつひとつ 人生の扉を開けては感じるその重さ
ひとりひとり 愛する人たちのために生きてゆきたいよ

I say It's fine to be 60
You say it's alright to be 70
And they say still good to be 80
But I'll maybe live over 90
(60歳になるのも素敵だし、70歳になるのも大丈夫。
80歳だってまだまだ楽しみ、
そし90歳を過ぎても生きてくわ。)

君のデニムの青が 褪せてゆくほど味わい増すように
長い旅路の果てに 輝く何かが誰にでもあるさ

I say it's sad to get weak
You say it's hard to get older
And they say that life has no meaning
But I still believe it's worth living
But I still believe it's worth living
(歳を重ねて弱っていくのは悲しくって辛いことだし、
人生には何の意味も無いなんていう人もいる。
でも私は信じているの…
それでも生きることは意味深くて
価値があることなんだって。)


33DBE2A2-37AE-4BDA-B97B-CE2574BE6D0F


ポジティブ

68189774-CF22-456F-A83E-0FDA4B45D5F6


冬の砂浜

F151862C-E744-4795-9C94-93704443A752


冷たい風を受けて

暖かくなるまで眠り続ける植物たち。


ネガティブな自分の心

ポジティブに切り替えただけで

あれだけ苦しんできた症状が

軽く感じている

日々、症状を数値でチェックしているが

先月のあの日から

確実に症状が治まっている。


FDB91E6B-7BEB-4013-9085-754DB85FC0FD


風紋

DB32E244-DC7A-4A76-A904-0CF0C4A9E69E


ネガティブな気持ちだった

ポジティブな気持ちが生まれたとしても

プラスマイナスゼロでネガティブでもポジティブでも

どちらでも無い状態になってる。


A4722BD6-EA63-4520-8F80-8156429E56A5


プラス思考まで自分を持っていくのは

とっても難しい

私はプラスマイナスゼロで良いと思ってる。


1673E8DC-8E61-422F-9C45-EFADFFA7E213


日によって

マイナス思考だったり

プラス思考だったり振り幅がある

心の余裕があった方が疲れない。


8DAAB348-3A4D-4EE1-A6AA-7CB99510C0CA


頑張らない為にはプラスマイナスゼロの立ち位置って

必要な気がする









ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村