837972FA-0905-4DC4-B023-F2BEF9F9DAF7


茨城県鹿嶋市 大野はまなす公園

宇宙展望館 歴史資料館


戦前、戦時中の服

大正時代はモダンで華やかなイメージだけれど

戦争によって全てが壊れたんだろうか

それともおシャレだったのは都会だけだったのかな?


900D01C6-B65C-41F5-833F-70F5D5EEA512


昔の茶の間道具

ここの展示は説明文があまり無くて

綺麗な倉庫みたいで勿体無いな。



昔の産業が展示されてます

鹿嶋市には海の漁業と湖の漁業に農業と

産業が多いので充実した資料館が出来そうなんだけれど

ヤル気が全く感じられない・・・


F2EC0CB6-62D3-4104-A60D-DDF976D26173


84D448B8-CA14-4067-8158-3336F74FADFE


遠浅の海なので

観光底引き網が今でも行われます。


1D225BF1-500F-4231-8E45-F75F9FD190E3


湖の漁業も盛んに行われてましたが

現在は衰退してます。


1D072EB4-BE70-4B61-891E-C1CE8323A7BF


63883CC6-007E-4A8C-ADAB-526D787E7CB6


農業

本当に情報が少ない資料館で

面白みも発見も無いな。

展示内容は悪く無いんだけどな〜

市の職員の担当の方の

ヤル気一つで変わると思うんだけど

変えるって難しいことだから

誰も言わないんだろう。












久し振りに歴史の話

日本は昔から経済大国だった話です。

火縄銃がポルトガルから種子島に伝来した

学校ではそれだけしか教わらないし

テストにはそれ以上の出題は無いですが

あれはどう見ても伝来と言うか

今だったら連日ワイドショーを

賑わせる程の大事件です。





時は天文13年、1543年

室町時代12代将軍足利義晴の時代。

大隅国種子島に明の船が漂着し

乗組員のポルトガル商人が持っていた火縄銃を

種子島当主、種子島時堯が気に入って

現在の貨幣価値で一丁五千万円以上

二丁購入したので一億円以上で購入した大事件。

ポルトガル商人は簡単に二丁も買って貰ったので

数年後に日本に火縄銃を売り込みに来たら

日本中が火縄銃だらけになっていて

商談不成立になりました。

その後、戦国時代には火縄銃保有数

世界一位まで生産した

日本の技術力、経済力に軍事力。

種子島の小さな当主がポンと

一億円以上の金額を払えた日本

どんだけ経済大国だったかが

この事件からわかります。

そして、日本は世界最大の軍事力と経済力を維持したまま

鎖国に入りオランダ、琉球、中国、朝鮮、アイヌ以外の

国や地域とは一切出入国が出来ない制度を取りました。

これだけ貿易をしてたので

鎖国では無いと言えば鎖国では無いですが

日本人が海外に行く事も

海外の日本人が日本に帰国する事も

全て規制されたので

鎖国と言えば鎖国状態

でもここで一番重要なのは

小さな国家が鎖国をしたら経済が一気に冷え込み

不景気になり他国に侵略されて国家が滅亡しますが

徳川幕府は経済と軍事力を維持した状態で

国内産業の充実と発展に成功し

貿易に頼らない国作りを行った結果

鎖国を維持する事が出来ましたが

欧米の軍事力強化が日本を上回り

国内の異常気象による大飢饉や疫病

国家予算の約半分がたった数千人の

大奥の維持費用に浪費された事も改善する事が出来ず

国力を自ら落とすことに

繋がり幕末を迎えてしまった。

江戸時代の三大改革で国家予算の半分を

消費する大奥を取り巻く官僚や政治家

商人への改革が成功する事が

事実上出来なかったのは今も同じ構造

永遠に解決しない問題です。

過去を見たら今が見える

過去を見たら未来が見える。

歴史とは奥が深く本当に難しいですが

全て人間が活動した痕跡

過去も現在も未来も同じことの繰り返しです。

改善修復出来ないんです残念だけど・・・










ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村