昨年の夏に発症した潰瘍性大腸炎

ステロイドの効果で症状が安定して

仕事にも少しづつ復帰して来たが

昨年の暮れから体調が悪くなり

今年の1月13日から

潰瘍性大腸炎の治療のために

ステロイド治療を再開しました。

ステロイドなどの炎症を抑える薬を

飲み続けないと症状を抑えることが

出来ないと主治医は判断しました。

ステロイドは効果がある薬ですが

長期間飲み続けると悪さしかしなくなる為

アザニンと言う違う炎症を抑える薬も並行して

処方されてました。

アザニンの副作用が出なければ

ステロイドからアザニンに

薬を変更する予定で過ごしていました。

副作用もなく下痢も止まりましたが

何だか体がおかしいと今月に入ってから

感じる様になり気にせいかなと

過ごしてたところ

3月4日に発熱して仕事を休み

地元の病院に行ったところ

風邪でも無いしインフルエンザでも無い

潰瘍性大腸炎から来てるかも知れないと

言われたので

通院している病院に電話をしたら

週末だったので救急外来の先生に

消化器内科の先生がいないと言われたので

次の外来日、3月8日まで様子を見ました。

予定通り8日に外来に行き

血液検査の結果

アザニンの副作用が出たと主治医に言われました。

アザニンの服用を中止して

10日にもう一度、血液検査をしますと言われ

再度、血液検査

結果はまだ肝臓の数値は高いけれど

順調に数値が下がって来てるので

大事には至らなかったと言われ

ホッとしました。


次の外来は3月22日

その時の検査で肝臓の数値が正常に戻っていたら

アザニンに変わる違う

炎症を抑える薬を処方されるので

副作用が出ないか確かめながら

経過を観察すると思います。

その為に22日以降の勤務を

急遽、半日勤務に変更中です。

良くなって来たと思ったけれど

まさか、副作用で振り出しに戻るとは

想像してませんでした。

いつになったら正常な生活と

安定した収入を得られる事が

できるのだろうか・・・



今現在は体調はすごくいいです

ステロイドとアザニンのダブルの副作用は

とても辛かったけれど

先週までの辛い副作用を経験したら

ステロイドだけの副作用は

大した事じゃ無くなりましたが

こんな慣れは必要ないですね〜




エリック・サティ 「ジムノペディ1番」

この曲を初めて聴いた時

ピアノって素敵だなと感じて

ボーカルの無いインストの曲も

好きになっていったな。


ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村