bleür 「てぃんさぐぬ花」

歌詞に視点を向けた音楽特集

いかがだったでしょうか?

今回で最後の曲になりました。




てぃんさぐぬ花

沖縄の方言で「ホウセンカ」の事

昔から歌い継がれてる沖縄民謡です。

琉球語だから何を歌ってるか

分からないので

標準語の歌詞を記載しますが

10番まである民謡ですが

彼らは10番までは歌ってません。






(1)
  ホウセンカの花は
  (魔除けとして)爪先に染めなさい。
  親の言うことは、
  心に染めなさい。


(2)
  天の群星は
  数えようと思えば数えきれるけど、
  親の言うことは、
  数えられない。
(それほど親の教えは限りがない)

(3)
  夜、沖に出る舟は
  北極星が目当て、
  私を産んでくれた親は
  私が目当て。(私を見守っている)

(4)
  宝石も
  磨かなくては錆びてしまう
  朝晩心を磨いて、
  世の中を生きていこう。

(5)
  誠実に生きる人は
  後はいついつまでも、
  願いごともすべて叶い
  永遠に栄えるのです。

(6)
  成せば何事も
  成ることであるが、
  成さぬ故に
  成らないのだ。

(7)
  行き届かないことは
(言っても足りないことは) 
  一人一人が足しあいなさい。
(ひとりびとりで補いなさい)
  お互いに補い合ってこそ
  年は取っていくものだ。
(浮世を渡るものだ )

(8)
  いくら金や物があっても喜ぶな。
  また、失ったからといって嘆き悲しむな。
  人間の善し悪し、人の評価というものは
  最後になってわかるものだ。

(9)
  栄えていくなかにも
  謙虚でなくてはいけない。
  稲も実るほどに
  あぜ道を枕にして、腰を低くするではないか。

(10)
  お年寄りの朝夕の教訓は、
  世間の例を見て素直に耳を傾けるがよい。
  老いの繰り言などと
  思うのではない。



どうでした?

歌詞に着目した選曲。



明日からはノンジャンルで

音で選んだ曲を紹介していきます。

ドライブやランニング、ウォーキング

家事をする時でもBGMとして

聴き流せる素敵な音楽を貼り付けます。

私が好きな音楽のジャンルは

テクノミュージックとハウスなので

若干の偏りはあるとは思いますが

ジャズやクラシックも選曲しているので

楽しんでください。



曲やアーティストの説明は若干しか書かないので

興味がある方は聴いてみて下さい。









ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村