茨城東海岸

潰瘍性大腸炎が悪化して大腸と直腸を全摘しました。 その後、ADHDも見つかり身体と精神の両方に 軽い障害があり以前の生活から180度生活が一変 社会復帰を目指しながら日々楽しく過ごしてます。

美しい庭

E1DDBC4F-972D-40EA-A70D-62EA642DD5FF


隣市に住んでるブロ友さん

375さんの家に遊びに行ってきました。


E55287FB-B020-40FC-B58D-9EF5A5D49C91


いつも玄関には最新の

375さんの作品が陳列していて

来るたびにたのしみにしてます。

手前はセミ

奥は睡蓮がステンドグラスの上に飾られてます。

ステンドグラスは作って貰ったと言ってました。


C356A817-6017-4B07-8041-02756759798F


西村大臣のマスクと同じ形

375さんの手作りのマスクを頂きました。

新型コロナで外出自粛だったので

時間はお互いありましたが会うことは出来なくて

自粛解除になると375さんはボランティアなどで

忙しいのに本当に久し振りにの再開できました。

375さんのブログにも

すずちゃんの事が書いてあって

鬼滅の刃の歌を歌ってたすずちゃん。

前回行った時はパプリカを歌ってた

音痴だけど歌は好きでよく一人で歌ってます。


53C7F248-DF9E-44EB-AF51-7C4148F42C99


今回は375さんのイングリッシュガーデンを

メインに紹介しますが

雨で花が少し痛んでるので

ごめんなさいと言ってましたがいい感じに手入れされた

庭は見所満載でした。


91E5ADB7-8FC4-4570-B50F-4366CDFEA49B


色を塗り替えたとブログに書いてた

テーブルと椅子


D6A2A729-6D1E-4C6E-A224-168F01FA56A5


このナチュラルな感じが毎日見れる生活

想像しただけで楽しそうですね。


B9DD7E6C-521E-4473-9602-BF7B7DA0C0D5


375さんの家に着くまで雨が降ってたけれど

雨が止んだので良かったです。

天気予報ではずっと雨だったけど

ラッキーだったよ。


50E0578A-B62D-4092-B331-B27F860226E5


憧れのイングリッシュガーデン

ここからは咲いてた花を撮影して来たので

楽しんでね。


4ECEBBC2-B6E6-4F96-8187-0B082129F72C


オレガノの蜜を吸うモンシロチョウ

FF48E185-DD56-428F-912E-E84184F8EB1D


オレガノ

有名なハーブの花

美しいな〜


3D0A9DAC-FFAF-4CDE-8C16-A4D0F064F6D3


ベルガモット

花の上に花が咲く変わった咲き方をしていて

最初は何の花かわからなかったです。

珍しい物を見ると

見るガーデニングを行なってる私は萌えちゃう。


0AFB63B8-7E33-49DD-A244-F54423DDAFB5


フィーバーフュー

20BE450C-F88A-4280-A363-D8C81D6DD942


ヤロウ

ハーブの花が多く咲いていて優しい印象の庭


EA6753F1-386F-43DD-BD18-FAF181639460


ピンク色のカラー

初めて見ました。

美しい彫刻を見てるような花姿。


E61FF2C2-6BCD-4479-B42F-F530F87EDC11


フランネルソウのホワイトに

中心がピンクの初めて見た花色。

珍しい色の花を今回は見れて良かったです。


1DC1F963-59A6-4744-A2FA-1D4C1B98212F


アマチャ

E5C595E6-55AE-4C37-8B8A-C9B3D48E2E89


シーズンが少しずれてしまったけれど

想像以上に花が咲いてたので

ジックリと観察出来て楽しかったです。


4D4F881E-5BD5-42CF-8966-03F35642FFE5


水色に近いロベリアと右に少し写ってる

ラムズイヤー

雨が強く降ったのでちょっと下を向いたり

荒れてる花もあったけど

それも含めて自然な状態を感じるのがね

癒し効果だよね。


347059CF-0E80-4048-A6F9-CFBD0034EC96


帰宅する時に近所の農家さんかな?

たくさん人参を持ってきてくれて

すずちゃんは喜んで人参を両手いっぱいに

貰って帰宅しました。

今度はすずちゃんが大好きなブルーベリーの

収穫の時に遊びに来ると約束してお別れしました。

素敵なイングリッシュガーデンを楽しんでる

375さんのブログ⬇︎バナークリックで見に行けます。



「とれたて日記」

気軽に遊びに行ってみて下さい。







Lisa「紅蓮花」

すずちゃんが375さんの家で歌ってた歌です。

アニメ「鬼滅の刃」のオープニング曲

今一番売れてるアニメソング

各ヒットチャートで記録を更新して

アニメソング最大のヒット曲になった。

歌詞も曲も難しいけど子供達は覚えちゃうんだよね〜

歌詞




強くなれる理由を知った 僕を連れて進め

泥だらけの走馬灯に酔う こわばる心
震える手は掴みたいものがある それだけさ
夜の匂いに空睨んでも
変わっていけるのは自分自身だけ それだけさ

強くなれる理由を知った 僕を連れて進め

どうしたって!
消せない夢も 止まれない今も
誰かのために強くなれるなら
ありがとう 悲しみよ
世界に打ちのめされて負ける意味を知った
紅蓮の華よ咲き誇れ! 運命を照らして

イナビカリの雑音が耳を刺す 戸惑う心
優しいだけじゃ守れないものがある? わかってるけど
水面下で絡まる善悪 透けて見える偽善に天罰
逸材の花より 挑み続け咲いた一輪が美しい

乱暴に敷き詰められた トゲだらけの道も
本気の僕だけに現れるから 乗り越えてみせるよ
簡単に片付けられた 守れなかった夢も
紅蓮の心臓に根を生やし この血に宿ってる

人知れず儚い 散りゆく結末
無情に破れた 悲鳴の風吹く
誰かの笑う影 誰かの泣き声
誰もが幸せを願ってる

どうしたって!
消せない夢も 止まれない今も
誰かのために強くなれるなら
ありがとう 悲しみよ
世界に打ちのめされて負ける意味を知った
紅蓮の華よ咲き誇れ! 運命を照らして


87C65CB5-1AD5-4F26-B65C-19110521FF62


歌詞と紅蓮はネットから借りてきました。









ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

とちのき通り

028013FF-C317-4073-8C4A-E4D9AEEA0DA7


神奈川県横浜市

みなとみらい線

新高島駅


533C3CE0-EAE9-4CB3-9073-6EEF484B8454


地下鉄のみなとみらい線

地上に出ると夜景が見えた。


8BBA827F-7884-4857-9801-1A914E42D183


富士ゼロックスビル

都会ってやっぱり良いね〜


1044E0DC-0D9B-4B3B-9989-9C723B8FA294


素晴らしいタワーマンション

一生住む事も遊びに行く事も無いけど

眺めてるだけで十分


7CDD513F-440B-4DE2-8C6F-509A5E30CC1F


アンパンマンミュージアム前で

記念撮影


B3360621-C583-4888-8941-57655878FF32


建築中だったと思う日産のロゴが入った建築物

完成したら何ができるのだろう?


7C02C5D8-D33E-4E5B-BB85-21F59072200B


とちのき通り

492D1320-8E11-4739-B645-371F5A4A8767


タワーマンションが凄いね〜

茨城県じゃこんな景色は見られないな。


5C7A3F61-E484-43CC-96FF-066B1A8001E5


せいママが「タワーマンションは部屋の中がよく見えるね

高いお金を出して部屋が丸見えはちょっと嫌だな。」

と言ってたな・・・

高層ビルのマンションだから気にしないんだろうな。


7C09D799-0FCA-4247-A1F8-0E20FD890B15


9E2DE1C3-1FAC-4F01-9224-633925265C2D


NISSANのマークが入った白い平べったい

この建物は何だろう?


66A54CB4-885D-4971-B629-B042D2D138FB


煌びやかすぎてランドマークタワーが写真では

よくわからないな・・・


7D1CFF4D-51A6-4719-AC82-110033CBA2C3


神奈川県横浜市

この日宿泊したホテルからの

みなとみらいの夜景


700C183C-E0A6-43A6-A130-1E86965782AB


ホテルから見えた夜景

とても美しかったなぁ。

横浜は良いね〜


B63CCDD0-65F2-468C-9017-7F91214C0C04


いつまで見ても見飽きない光景

また横浜に泊まってみたいな〜


760A5464-4BE1-4F18-99BA-40295776AFD1


すずちゃんバスルームに入ってご機嫌

1E8F52D8-DFCA-412A-B811-12DD94379032


ベッドに横になってご機嫌

もうわかる歳なんだね。

すずちゃんが一番喜んでました。


92CAB71F-CB48-4C40-A8C3-19F60C157B01


バイトしてしてるせい君が

予約してくれたホテルに到着

夜に着いたのでよく見えなかったので

チェックアウトした時に写真に収めたんだ。

せい君からのプレゼントは楽しかったです。

田舎者なのでこれだけでも

観光気分になれるので今回は本当に

観光地には行かなかったんです。







私が働いてる職場は常に音楽が流れている

美容師時代もそうだったが

普通に音楽が流れてるのであまり気にはして無いが

よく流れてくる曲は耳に残る。

先日アップした

あいのうたでも紹介した

YOASOBIの「夜を駆ける」という曲が

半年前に発売された曲ですが

今でも人気がある曲でワイドショーでも

時々紹介されてるので更に有名になった曲

この曲はほぼ毎日かかってるので耳に残るし

ストーリー性があるので普通の曲とは趣が違う。

以下、歌詞はネットから借りて来ました。




YOASOBI「夜に駆ける」

沈むように溶けてゆくように
二人だけの空が広がる夜に

「さよなら」だけだった
その一言で全てが分かった
日が沈み出した空と君の姿
フェンス越しに重なっていた

初めて会った日から
僕の心の全てを奪った
どこか儚い空気を纏う君は
寂しい目をしてたんだ

いつだってチックタックと
鳴る世界で何度だってさ
触れる心無い言葉うるさい声に
涙が零れそうでも
ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる

騒がしい日々に笑えない君に
思い付く限り眩しい明日を
明けない夜に落ちてゆく前に
僕の手を掴んでほら
忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も
抱きしめた温もりで溶かすから
怖くないよいつか日が昇るまで
二人でいよう

君にしか見えない
何かを見つめる君が嫌いだ
見惚れているかのような恋するような
そんな顔が嫌いだ

信じていたいけど信じれないこと
そんなのどうしたってきっと
これからだっていくつもあって
そのたんび怒って泣いていくの
それでもきっといつかはきっと僕らはきっと
分かり合えるさ信じてるよ

もう嫌だって疲れたんだって
がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君
もう嫌だって疲れたよなんて
本当は僕も言いたいんだ

ほらまたチックタックと
鳴る世界で何度だってさ
君の為に用意した言葉どれも届かない
「終わりにしたい」だなんてさ
釣られて言葉にした時
君は初めて笑った

騒がしい日々に笑えなくなっていた
僕の目に映る君は綺麗だ
明けない夜に溢れた涙も
君の笑顔に溶けていく

変わらない日々に泣いていた僕を
君は優しく終わりへと誘う
沈むように溶けてゆくように
染み付いた霧が晴れる
忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に
差し伸べてくれた君の手を取る
涼しい風が空を泳ぐように今吹き抜けていく
繋いだ手を離さないでよ
二人今、夜に駆け出していく

この内容は愛なのだろうか?

知り合った男女の心が共感したのか?

それとも男性は無理をして生きてたのだろうか?

男性の優しさなのか?

歌詞に登場する女性は一貫して

死を望んでいて筋が最初から最後まで通ってるが

男性の気持ちは揺れ動いてる詩。

この歌詞だけで映画が作れそうなほど

奥が深い詩の世界。

半年も前に発売された曲が未だに支持されてるには

必ず意味があるのだろう。












ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

茨城県近代美術館 所蔵作品展 冬から春へ

E5DD49A9-F827-4721-9D14-197F42549C68


茨城県県民の美術館

既に終わってしまった所蔵品展ですが

素晴らしい作品を見て写真に残していたので

アップすることにしました。

理由は先日行った笠間日動美術館に

茨城県近代美術館では撮影禁止の銅像があり

思う存分撮影が出来たので編集して記事にしました。

所蔵品展 冬から春へ

最初は私の好きな木村武山 「熊野」


D1BF6FD6-9C7D-4738-B9A0-46F5223C712D


同じく木村武山 「立葵」

FDE955D5-6396-494D-A4C3-9CFED2AAE2BF


小川芋銭 「奥の細道 六月の桜

1DF16E97-54A8-4D87-8178-503E4ED40F9E


小川芋銭 「囚指月 河童百景」

河童の画家というイメージですが

松尾芭蕉も好きで画家の初期は挿絵を描いてた様です。


A6070C54-8B44-4522-8ED0-648659CB5781


21EBA3B1-E204-4FDB-9A40-A1E609CEFFC0


那波多目 功一 「耀」

シャクナゲと教えて貰いました。


DAC1FA13-CAA7-4BC1-A5E2-9136412514A9


中村彝 「裸体」

新築した下落合のアトリエで

1週間後くらいから描き始めた親友の友人がモデル


011025ED-A57E-4A60-A3AF-672273D8ECAB


木内克 エーゲ海に捧ぐ

茨城県近代美術館では撮影禁止でしたが

笠間日動美術館に彫刻があったので

じっくりと観察して撮影して来ました。

D912A5F2-7357-4D1E-B7F2-972E4A311DFB


この髪型が美しい

女性の裸体の彫刻で髪をここまで立体に表現してる

作品は数少ないだろう。

878B1471-B240-4F68-A0FA-A9A31486A2B3


左、木内 克「エーゲ海に捧ぐ」

右、淀井 敏夫「夏 流木と女」

ここからは下の作品は

茨城県近代美術館の庭園の作品

木内克さんの彫刻を見ながら

散策してみました。


CF3F3C9B-29EA-41F9-92C1-1E30217BF910


千波湖

庭の彫刻は自由に撮影できます。


CE670F07-A607-4CAF-9DBA-8ACBB4BAA2D3


8262D074-2618-488F-9C22-F4F601B1E04E


5C5BEBC6-0BF3-48BF-896E-C74AEA3D18A8


50DD1883-8D4F-4E62-A6DA-8C8FF3B89A08


B5BA3442-5507-4D77-B226-22F83405B0E1


木内克の作品を眺めながら千波湖も

眺められる開放的な庭みたいな庭園です。


554DF3EC-BD28-4D2E-833E-FD150E10D9C3


茨城県近代美術館の隣にも

何か彫刻が見えたので見に行って見ると

ここにも木内 克さんの彫刻がありました。


凄い写真に撮りづらい場所にあって

角度が微妙にリアルな感じになってしまった・・・









今回は彫刻を主にアップしたので

地元の茨城県神栖市

神之池緑地公園にあるオブジェも同時に紹介しますね。


933FD48F-D972-40E3-BBEB-64A41DB0766E


茨城県神栖市

神之池緑地公園

オブジェが一列に並ぶエリアがあり

近くで見たことが無かったので

全部見て来ました。


CE1951B4-44B9-410B-8DE8-548D9E802400


鹿島港が出来る前の神之池の形を

型とったオブジェ。


17E5D4D6-B90D-4D5C-91CB-1A6EDD42F4F2


鹿島港建設のために

神之池は港の一部になり現在は

7分の1にまで小さくなり周囲4km程度の

池に変わりました。

写真の鹿島港は世界最大級の掘り込み式の港

大地を削って大型タンカーが入港出来るほどの

巨大な港を日本は建造したのは素晴らしい土木技術です。


333B277D-53C0-4115-B76F-2B6F09B2B0F8


話が逸れたのでオブジェに話を戻しましょう。

5F2C8B3B-F147-4403-B7EB-EAEB8E071E8D


プラアントくん

アリのオブジェですが神之池とアリは

関係があるのかな?


5438B113-0639-4AA2-A2AB-B94839706278


真っ赤で巨大なオブジェなので

神之池緑地公園に行ったら

直ぐに目に付きます。


A3724494-9761-4AEC-9B53-D4F3A15A36C7


ラベンダーが咲いてる

花が咲いてると嬉しい気分になりますね。


159D2AE6-13C8-4319-9A30-5CBC0DC44799


船の錨をイメージしてると思います。

作品名は「〜絆〜」


F4981254-76D1-4EBA-9F0C-1594B4B88A9D


神之池まで来ました

いつも不思議に感じる

三本の尖った石

何の意味があるんだろうな。


47EFEE91-C449-423A-9F8F-F98CCCF489C0


鵜かな?

地元近隣でも楽しめる所が沢山あって

私は嬉しいのですが

このオブジェたちを遠目で眺めてますが

こうして観察してる人は見たことない

どうしても見たくなっちゃうんだよね〜












ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ