茨城東海岸

ウォーキングや子供と出かけた時の 茨城県と千葉県の景色を iPadで撮影して楽しんでます。 時々、ガーデニングや家庭菜園も!

image


塚原卜伝の墓がある周辺は

田んぼが綺麗な里が広がってます。


image


塚原卜伝の墓

image


入り口には小さな花壇があって

花が植えられて明るい雰囲気です。


image


image


image


静かで素敵な場所でした。



プリンセス プリンセス 「Diamonds」

あまりにも有名なガールズバンド

ポップなサウンドが多くの人の

ハートを掴んだ。

ポップ過ぎて面白みには欠けるけど

良い曲ですね。



ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

image


いばらきヘルスロード

コースNo.052

城山公園〜鹿島神宮コース

往復型 2.3km


image


茨城県鹿嶋市

城山公園からスタートです。


image


桜の名所として有名なスポットですが

ツツジも美しい公園です。


image


image


image


鹿島城があった高台なので

景色がいいですね。


image


園内を一周したら鹿島城山公園を出ます。

image


深い空掘がありますね

見晴らしが良い方も

深い崖になってたから

攻め辛い場所に築城した様です。


image


鹿島神宮に向かう直線。

image


ここから鹿島神宮の参道に入ります

明るくて良い感じです。


image


鳥居が見えて来ました

いよいよ境内に入ります。


image


日本三大楼門

国指定重要文化財


image


拝殿

本殿と拝殿は全国でも珍しく

北を向いてます。

北を向く事で

蝦夷から関東を守るためだと言われてます。

当時は、水運が盛んだったので

鹿島は関東の入り口だったので

鹿島神宮を創建したと言われてます。


image


奥参道を歩くと徳川家康が建てた

奥宮に着きます。

今の本殿が完成するまで

本殿だったそうです。

ここからUターンします。


image


巨木が立ち並ぶ中を歩いて

本殿がある場所まで戻って来ました。


image


鳥居まで戻って来ました

ここから市街地コースに戻ります。


image


ミニ博物館

小さな博物館だから

サラッと展示物がある程度です。


image


花が綺麗な場所は目がいきますね!

image


ナマズ料理の小料理屋

image


参道も終わり

鹿島城山公園へ戻ります。


image


地元でも有名な和菓子屋さん。

image


ドライブだったら和菓子屋にも立ち寄りますが

ウォーキング中だから

今回は我慢です。


image


この坂を上がればゴール

最後に坂があるのはキツイけど

コースが比較的、短いから楽ちんと言えば

楽ちんかな!


image


ゴールです。

桜が咲いてる時は

トンネルが出来た場所ですが

今はこんな感じになっちゃいました。




tricot「おちゃんせんすぅす」

歌詞が『おちゃんせんすぅす』しか無いんです

でもチョーカッコいい!



ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

image


すずちゃんは猫の扱いが

とっても雑・・・


image


毎日こうして遊んでますが

囚われた宇宙人みたい・・・

猫たちもされるがままだから

嫌じゃ無いんだろうな〜


image


ププちゃん餌食です・・・

image


こんどはラヴが捕まって

ポコポコ頭を叩かれてます・・・


image


ラヴはほとんど抵抗しない

スーパーMなのか

すずちゃんの事が好きなのか

雑に扱われて喜んでます。


image


image


いっつもこんな感じです!

小さな頃から動物と触れ合ってるから

教育には良いのかもしれないけれど

こんなに雑に扱っていては・・・




GO BANG'S 「BYE-BYE-BYE」

彼女たちも個性的な曲が多く

大ヒットしたガールズバンドでした。

そんな曲の中で

素直に素敵だと言えるこの曲

キュンとしちゃうな〜




ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

このページのトップヘ