茨城東海岸

ウォーキングや子供と出かけた時の 茨城県と千葉県の景色を iPadで撮影して楽しんでます。 時々、ガーデニングや家庭菜園も!

久し振りに歴史の話でもどうでしょう?

今回は歴史とは

ちょっと違うけれど歴史好きな方々には

切っても切れない内容かなと感じます。

歴史が苦手な方や興味の無い方は

今回はスルーしてね!




私たちが好きな時代って

戦国時代、幕末、第二次世界大戦・・・と

半数以上の方は戦乱の時代が好きだと思う

この時代に共通なのは武力。

皆さんは武力ってどう感じますか?

必要?不必要?

武力はあっても無くてもリスクがある物

戦争を放棄するなら武力は不必要かと言えば

そうでも無いのが現実。

武力がある国は悪だと言うと

日本の軍事力は世界でもトップグループに

入ってるけど気にした事は無い。




武力って何だろう?

必要なのだろうか?





鎌倉時代は武家政権が確立してたので

蒙古襲来(攻めて来たのは高句麗だったけれど)の

時も日本は攻められる事はなかった。

西洋が植民地支配を広げてた頃

日本は戦国時代で世界最大の軍事国家だったから

西洋から攻め込まれなくて済んだ。

幕末は強引に開国させられ

世界の荒波に日本は引きずり出されたが

軍事国家として歩み始め結果

独立国家として存続できた。






日本が独立を保ってるのも

武力があったから他国から侵略されないで

今日に至ってるとは

あんまり想像してない現実だと思うし

アメリカ合衆国の核の傘の下で

私たちは安心して生活してるのも現実。

アメリカ合衆国と決別したら

私たちは国はどう守れば良いのだろう?



武力は必要だろうか?





小泉今日子 「魔女」

小泉 今日子さんの衣装は

派手で個性的な衣装が多かったな。



ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

image


茨城県潮来市

前川あやめ園

5月下旬の写真です。


image


あやめ園

あやめまつりと言われてる

潮来ですが

咲いてるのは全てハナショウブです。


image


花の見分け方が

パネルで表示してました。

似てるから本当に分からないですね。

これで理解できるかな

私は忘れっぽいからな・・・


image


image


image


image


image




ASKA「はじまりはいつも雨」

いい曲がいっぱいあるから

完全復帰して欲しいな。






ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

image


鹿嶋市ウォーキングコース

鰐川沿いコース

周回型 5km


image


茨城県鹿嶋市

豊津まちつくりセンターを出発です。


image


鳥居が見えて来ました。

image


集落を抜けて

鳥居を目指します。


image


鹿島神宮 一の鳥居

image


北浦から流れ出た

鰐川沿いを歩くコースです。


image


気持ちがいい川沿いのコース

サイクリングには最高だろうな〜


image


左手には水田も程よく広がり

単調な道ですが

変化があって楽しいです。


image


北浦から外浪逆浦までの

短い川ですが川幅は1kmはあり広いです。


image


この看板の先を左に入ります。

地図にはうどん屋とか

書いてるけど何にも無いです・・・


image


日産のディーラーまで歩きます。

image


日産の裏の道を歩き田園地帯に

入って来ました。


image


先ほどまでの景色と

全く違うね〜


image


緑が眩しくて良い感じ!

image


な〜んにも無い。

image


水路が橋になってる。

水田しか無いからキョロキョロしてしまう。


image


左右、田んぼ!

image


少しづつ稲が伸びて来てるね!

image


スカッとした空が気持ちイイね。

image


あっ!

鳥居が見えて来た〜


image


豊津まちづくりセンターが見えて来ました

お疲れ様でした。




chay 「好きで好きで好きすぎて」

新しいのに、どこか古臭い

癒される音だな〜



ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

このページのトップヘ