茨城東海岸

潰瘍性大腸炎が悪化して大腸と直腸を全摘しました。 その他ADHDと下垂体腫瘍も見つかり180度生活が一変 社会復帰を目指しながら日々楽しく過ごしてます。

375さんの庭

久し振りにブロ友さんの375さんに

会いに行きました。


IMG_20210411_200524


春の花が咲き誇る庭

昨日は彼女と2人で伺いました。


IMG_20210411_211801


私が紅茶が好きと

以前、ブログに書いたのを覚えてくれていて

アールグレイのおもてなし。


IMG_20210411_211717


IMG_20210411_095326


抹茶も点てて頂き

東京の小ざさの最中の覚えておもてなし

続いてコーヒーまで頂きました。

その他にも手作りのハーバリウム

彼女にはフクロウのポーチ

帰りにはタケノコまで頂きました。


IMG_20210411_200210


帰りは花が咲き誇る庭を散策

ボリジ

ガーデニングをしてた頃

一番多く育ててたのがボリジだったので

とても懐かしい花に会えました。


IMG_20210411_200449


黒いビオラ

シックな色に彼女は魅了されてました。


IMG_20210411_200810


パンジー






375さんが名前が分からない花が

2種類あると言って見せてくれました。


IMG_20210411_200711


マーガレットに似たこの花

IMG_20210411_200626


このスミレ

上の2種類の花の名前を

知ってる方いらっしゃるでしょうか?

375さんはいつも元気で

昨日もいつもと変わらず笑顔が絶えない

素敵な方で彼女もとっても喜んでました。

今度、行った時にクリスマスローズと水仙を

分けるから

又、遊びにおいでとお別れしました。




375さんのブログ→とれたて日記







ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

鹿嶋吉田神社

20210404_174615


茨城県潮来市

鹿嶋吉田神社


20210404_174839


延方相撲と呼ばれる全国でも珍しい

神事が行われる神社。


20210404_175711


延方相撲

江戸時代徳島一帯では漁場をめぐる紛争や

また農耕地の利権論争、耕作権の問題など

紛争が絶えなかったが、

寛文12年(1672年)7月27日

この紛争に対して江戸幕府評定所より

「この地は水戸南領に属す」という裁決がありました。


村人はこれを喜び合い、

寛文13年(1673年)相撲祭を

延方村鎮守鹿嶋吉田神社に奉納したことに始まり、

江戸勧進相撲の格式をもって今日に伝えられています。


現在は毎年7月の最終日曜日に開催されています。

この相撲祭は、

祭礼の日までの約1ヶ月前から

種々の行事が始められ、

当番地区においては6月の見届け行事に始まり、

神前会議、当番誥家開き、衣装揃え、

地取り祭まで地区総がかりで行われます。


祭礼の当日、早朝より当番地区から神社までは

宮行司、警護、世話人、総代、

花相撲と古式ゆかしい行列によってくり出されます。

相撲は神社境内に築かれた土俵で「二番勝負」「一番勝負」

「新手二人がかり」「小三番」「大三番」など

古式の取り組み48番がとり納められます。


そして、地元の子どもたちによる

「花相撲」もとり行われます。

潮来市公式ホームページを引用しました。


20210404_180021


桜並木が参道を200程度彩ります。

20210404_180112


JR鹿島線の鉄橋

鉄道が桜の奥を走るので良い眺め

きっと電車からの眺めも良いだろうな〜


20210404_180149




20210404_175859


春の花々が参道に咲いてました。

20210404_175755


スノーフレーク

20210404_174800


オオイヌノフグリ

20210404_174638











ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

鋼と色金-茨城の刀剣と刀装-

59E65F35-504D-4E88-8159-CE2BD0CC586A


茨城県水戸市

茨城県歴史館

鋼と色金-茨城の刀剣と刀装-


20210404_111545


20210406_203814


20210404_111529


近世以前の茨城では、

各地で刀工と金工師が鎚(つち)や鏨(たがね)をふるい、

あまたの刀剣とその外装たる

刀装・刀装具が生み出されました。

本展では、当地に産した刀剣類の優品を中心に、

郷土の刀剣文化を物語る史資料を展示いたします。

千変万化の鋼と多種多彩な色金が

織りなす美の世界をご堪能ください。

茨城県歴史館のホームページ引用


8B76F06E-7AFC-4E79-B01A-456F9F3957CF


日本刀の産地としては、

中世に著名な刀工を輩出した

大和国・山城国(奈良県と京都府)、

備前国(岡山県)、相模国(神奈川県)、

美濃国(岐阜県)が

「五箇伝(ごかでん)」として知られ、

近世以降は、江戸や大坂が有名。


353DA47C-00F2-4467-B450-83080AD69B3C


目玉は、鹿島神宮(鹿嶋市)が所蔵し、

現存する直刀としては、

日本最古最大といわれる古代刀、

国宝「直刀(ちょくとう)

黒漆平文大刀拵(くろうるしひょうもんたちこしらえ)」。

サイズは。刀身(とうしん)223.4センチ、

鞘長228.1センチ、柄長40.2センチで、

全長は約2.7メートル。


C20C4EFF-4F79-420E-BD0B-A071E84E9748


読売新聞の記事を抜粋

文化庁、宮内庁、読売新聞社による

「紡ぐプロジェクト」の文化財修理助成事業で、

鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)所蔵の

国宝「直刀ちょくとう 

黒漆平文大刀拵くろうるしひょうもんたちこしらえ」の

修理が完了し、

25日、保管先の茨城県立歴史館(水戸市)で

関係者に報告された。


「直刀 黒漆平文大刀拵」は

総長約2・7メートル。

平安時代までに作られたと推定される。

今回、刀を収める拵(鞘さやや柄つかなどの外装)の

修理が行われた。

2019年から約2年かけて、

漆工芸家で修理技術者の北村繁さん(49)が担当。


奈良国立博物館(奈良市)文化財保存修理所で、

劣化した漆塗りの亀裂を塞ぎ、

剥落はくらくを防ぐ処置などを施した。

鹿島神宮の出頭しゅっとう勝宏・権禰宜ごんねぎ(48)は

「一流の技術者に修理していただき、きれいになった。

大変ありがたい」と感謝していた。


20210406_203834


展示品の刀は全て撮影禁止だったので

雰囲気が伝わらないですが

素晴らしい刀と装飾品でした。


20210408_152523


展覧会に行くとポストカードを

ついつい購入してしまう。








ポチッとクリックで

茨城東海岸のランキングがアップします。

面倒じゃなければポチッとしてね!

⬇︎

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ